Powered By FMnote

2009年08月02日

Away Vs Manchester City(towaさん)

マンチェスターシティ戦

スケジュールが厳しくて、選手選考にはかなり悩んだ。
セルヒオラモスとピルロは、前もって1日の練習免除をしていたので、
ギリギリで先発。
あんまり無理させると、そのうち怪我するんだろうなぁ〜〜。

2トップ、フンテラールと、クラウチ。
どちらも、似たようなタイプの選手なので微妙な2トップだった。
クラウチは、新しく獲得したトルコ代表フォワードのニハトの加入をよく思わず、
フォワード多すぎると苦情を言って、不満持ちの選手になった。

んで、各地のクラブから譲ってくれってオファーたくさん来たが、
クラウチを出すつもりはまったく無し。
これほど、使いやすい電柱はいない。
今日も、ターゲットマンとして大活躍だった。
他の選手らも、やっぱクラウチは狙いやすいらしく、
フリーキックのリスタートやら、サイドからのクロスやらは、ほとんどクラウチ狙い
まだ若干、クラウチの落とす先に味方選手が間に合わないが、あと数試合もすれば良い感じになるかと、

マンチェスターシティ。
コーナーキックの守備が手薄だった。
リーグでトップクラスのコーナーキックの成功率を誇るマドリー相手に無謀だ。
とおもったわけだが、守備の人数が少ない分、
前線に張っているロビーニョと、フォルランがだれにもマークされておらず、ドフリー。
前節の観戦で、アーセナルが、ドフリーのロビーニョにまんまとやられているのを目の当たりにしていたので、この2人をフリーにしとくマドリーも無謀すぎる。

悩んだ末、無謀対決を選択。
コーナーキックが失敗して、ロビーニョらにボールが飛んでカウンターくらったときはあきらめることにした。

んだけど、俊輔のコーナーキックがいまいちすぎる。
ぜんぜんいいところにとんでいかねぇ。

とりあえず、前半、フンテラールが先制。
きわどいオッズの試合だったので、ありがたい先制点。

なんか、セルヒオラモスに、マンマーク?ついてない?
まさかねぇ、気のせいかなぁ?
怪我されるのもこまるので、若干控え気味に戦術変更したけど、それでも、オーバーラップしていく・・・
こまったヤツだ・・・。

で、そうこうしてるうちに試合終了。

最後の方はかなりあぶなかった。

1-0 Win
リーグ戦3連勝〜
posted by Akanana at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31009366

この記事へのトラックバック