Powered By FMnote

2009年06月21日

Home Vs Aston Villa(rynさん)

最近引き分け続きで、最近勝ってない。

勝たなくてはならん。
なぜなら、このチームは、無敵艦隊の象徴、レアルマドリードだからだ。

ラッキーなことに、AstonVillaの監督のrynさん本日お休み。

AstonVillaの戦術。3−5−2でした。
うちは、これまでどうり、4−3−1−2
サイドアタッカーいないけど、サイド攻撃多めで。

最近、やっと怪我人の数が落ち着きつつある。
いま、入院しているのは、ナカムラだけで、あとはみんな帰ってた
でも、試合にぜんぜん出てないので、フィット感無し。
1試合だすと、次の試合に出られる状態になるのに1週間はかかる。

でも、アランゴやら、ムトゥやら、ファールトやら、スネイデルやらが、試合で使えるというのはなんとも心強い。
やっと、最強軍団が始動できるよ。
ベッカムもベンチに控えているし、本調子まであと少しのラウール隊長もベンチからではあるが、AstonVillaの最終ラインを睨みつけている

先発フォワードはフンテラールとムトゥ

試合開始。
ムトゥはあいかわらずミドルが多いが、この試合にいたっては、なかなか精確だ。
高い確率で枠を捉えているので、風向き次第でもしかしたら入るかも。
とおもったら、時々、前線を横走りするフンテラールへもパスを出す。
やっと、なじんできたかムトゥ!

前半、マドリーのシュート、14本、枠内6本
アランゴ4本、フンテラール3本、ムトゥ4本
が、1本も決まらなかった・・・

なんか、嫌な展開だ。
前半、ワンサイドゲームで終わると、なぜか後半、ボールの支配ができなくなる。

とおもったら、後半も相変わらずマドリーペースでした。
ここら辺が、人間監督とCOM監督の違いなのかもしれない。

一応、マドリードの決定力は自信を持って良いと思っている。
このペースならいつか入る。
で、51分、
ピルロ→ディアッラ→フンテラールのシュート!
で、ついに先制した。

まだ、物足りない。もっと攻める
なぜなら、このチームは、無敵艦隊の象徴、レアルマドリードだからだ。

が、1点入ると、なぜか中盤の支配力が落ちる。
これも、きっと、このチームは、レアルマドリードなのだからかな・・・

んで、AstonVillaの攻め番がだいぶ増えた。
増えただけじゃなく、決定機と呼ぶべき危険なシーンが多発。

選手交代を画策する。
中盤の支配力を戻したい。
もちろんこの男、ベッカムの登場。
ああ・・・怪我人がいないってステキだ。
さら消耗したアランゴを下げてファールトを入れる。

アランゴを下げて、ファールト!
こんな凶悪なチームとは、おれは戦いたくない!

レアルマドリードが、自分のチームで本当に良かったと、
怪我人さえいなければ、いつもそう思う。

76分、ベッカムのコーナーキックから、メッツェルダーの追加点。

完璧でした。
久しぶりに勝った。

posted by Akanana at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29967123

この記事へのトラックバック