Powered By FMnote

2009年05月31日

Home Vs アーセナル(誠さん)

フォワードは、フンテラールと、ニステルローイのオランダコンビです。
中盤は、ガゴ、アランゴ、デイアッラ。
ボランチにピルロ。
アランゴを除いてみんな守備的。
AM故障しまくってます。
とりあえず、この試合乗り越えれば、次のバレンシア戦まで1週間くらい間がある。

とにかく怪我人無しで。
連戦の疲れがピークなので、前半は守って後半から。
が、今日の作戦でした。
(競馬でいいうと、直線での勝負根性に賭ける系)


この試合でアーセナルと当たる前に、散々、アーセナルの試合は研究してた。
とくに前節、バレンシアとの試合で序盤で2人負傷交代の中での逆転勝利は見事だった。
守備でも攻撃でも中盤でも抜け目無し。
やっぱ、勝負根性に賭けるしか勝ち目は・・・


で、序盤。
案の定アーセナルは、よく攻めてきた。
思った以上にアーセナルは空中戦に強く、セットプレイでもほぼマドリは空中戦で負けている。
ということで、この試合では前半から、アーセナルのサイドアタッカーには厳しく行くように変更
アーセナルは、守りも堅いので、1点の失点は致命的。
そんな感じで、前半はスコアレスで終了・・・、
するかと思ったら、前半終了間際にアランゴ軽傷。

まじっすか・・・
もう、AMいないんですけど・・・(あ、まだファールトがいるか)
アランゴがガス欠になってから出す予定だったファールトをピッチへ。

後半。セットプレイを微調整。

んで、
いつもなら入ってそうなシュートが入らない。
83分に、ファールトの絶妙なスルーパスから抜け出した、フンテラールのゴール!
勝った!!
と思ったら、オフサイド。
まじで・・・、あとで検証したが、見事なジャッジでした。
offside.jpg

その後も、再三良いシュート撃ったが、入らなかった。
シュートが入らないに尽きる試合だった。

んで、結局、死闘の末ドローでした。
アウェイでアーセナルに当たる時は・・・、
あの空中戦の強さにはどう対抗したらよいものやら・・・


アランゴの故障痛い・・・(→全治2週間でした)。

フンテラールは非常に良かった。
posted by Akanana at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29491225

この記事へのトラックバック