Powered By FMnote

2009年07月20日

Home Vs クラシコ

バルセロナとの2戦目
ついに、ネットワーク対戦もシーズン後半に突入。

レアルマドリードは、大きな補強しました。
なんと!ななんと!

クラウチさん獲得!

なんでクラウチ!?
どうしてクラウチ??

本当は、足の速いフォワードが欲しかったのだが、いくら探してもいいのがいなかった。

そこで偶然目に飛び込んだ選手。
天性のターゲットマン、クラウチ

いくらだか忘れたけど20億くらいだったと思う。
んでクラウチ。
さっそくクラシコに先発。
なんのためらいもなく、ターゲットマンのところにクラウチを投げ込んどきました。

そしたらそのクラウチ、大暴れでした。
さすがのクラウチも銀河系の1員となったサンチアゴ・ベルナベウでのデビュー戦。
しかもクラシコでチームの前得点を、文字通り「たたき出してしまった」とあっては、
封印していたはずのクラウチダンスも、最高速度の最高時間で、満員御礼となった7万5000人のファンと新たなチームメイト達に披露したに違いない

最高だったよ。
今日はピーターの日だったよ。

お忍びで観戦に来ていた、実は生粋のマドリードサポを隠し切れないアーセナルの監督、「誠」さんも、大喜びでロンドンに帰っていったとさ
↓↓
Untitled.jpg

クラウチは、今日の大活躍で、銀河系の一員として完全に認められました。
さすがにラウール隊長は、しらんぷりだったが、
カシージャスや、セルヒオラモス、フンテラール、アランゴ、俊輔までも、
ピーター・クラウチを好みの人物にあげてしまった。

ということで、後半、危ないところも沢山あったけど、
ベルナベウでのクラシコで大勝利。

ちなみに、今シーズンは、2タテです。
posted by Akanana at 16:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs チェルシー

とても楽しみにしていたチェルシー戦です。
なんたってチェルシーはこのスーパーリーグで首位!
とてつもなく強い

が、近頃は連敗が続いていた。
とりあえず、連敗の原因を探るべく、チェルシーの過去2〜3試合と、調子の良かった頃を比べてみた。
比べるつっても試合ファイルを見ている時間もなかったので、
スタッツやら、選手の成績やらスタメンやら。

とにかく、連敗しているのであればそれに乗っからない手はない。
なにかあるはず・・・

うむ。
わからんけど、なんとなく、ランパードとエッシェン
それと両ウイングハーフ
ここらへんになにか匂いを感じる。

んで、試合。
チェルシーはスランプ気味でした。中盤の落ち着きが無い。
なんだろうか。パスを出す側のコントロールか。受け側のポジショニングか
おまけに、セカンドボールの奪い合いにも遅れをとっている。
ん?
ん〜〜。
いや、このセカンドボールが拾えないのが、チェルシーの問題だ。

マドリードは、前半30分で、左サイドバックの上がりストップさせました。
右サイドバックだけでよかった。必要ないと思った。


個人的に不思議に思っていた2点
・怪我人が少ないチェルシー
・疲労の少ないチェルシー
この謎が解けた気がする試合。

3-0 Win
posted by Akanana at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs Juventus(Ichiさん)

じつはあんまりよく覚えてないのです。

Ichiさんは、もっとも遅くこのネットワーク対戦に参加された監督さん
なので、補強をまったくしていないJuventusを率いて戦っています。
Juventusは、強いが。
レアル・マドリードだって、ムトゥとかアランゴとか俊輔とかベッカムを補強しているのに、
だれも補強していないということは、自分のカラーがまったくだせず、
デフォルトのユベントスで戦わなきゃならんつーことで、
その苦労は並大抵ではないと思うわけだが、
一切の容赦なく、ユベントスと試合したわけですが、
前半11分。
きっちり対策をしているはずのアマウーリのヘッドでユベントスが先制

あとは、おたがい「なんで入らないの?!」
の連発で、90分終了した。

ホームでユベントスに敗北。
posted by Akanana at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs Tottenham(暁さん)

暁さんおやすみのトッテナム戦
トッテナムは、暁さん不在の間は連敗続きらしく、ウチもそれに乗っかりたい。

とりあえず、パブリチェンコとモドリッチは徹底的にマーク
あとは、ボランチのいないフォーメーションの弱点をつくべく、
トップ下のファールトをゲームメーカー+フリーロールにして、
左右にサイドバックがあがってきたらそっちにちらして、
ラウルーにかきまわしてもらって、空中戦に強いフンテラールで得点

というイメージ。

麻雀をやるときも、配牌から2巡くらいでフィニッシュのイメージをする
それが、あかなな流の打ちかただったりする。

ま、麻雀もFMもそうそうイメージどうりにはいかん。
イメージどおりにいくのは20回に1回くらいだが、
とりあえず、最初の得点はほぼイメージどおりだったが、
ファールト→フンテラールとつないでの左サイドバックのマルセロのクロスは、
トッテナムのディフェンダーにあたってのコーナーキックだったが、
ここからコーナーキック3連荘で、ついにぺぺのゴール。

2点目は、しっかりと、左サイドバックのマルセロのクロスで、
中央のディアッラのシュートでした
いい形だった。

さらに後半。こんどは右サイドから崩して、フンテラールのシュート。

鬼の居ぬまに・・・・
いい感じに勝利させてもらいました。
イヒヒ。
posted by Akanana at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記