Powered By FMnote

2009年06月28日

Away Vs Man U(HYDEさん)

強敵だ。
強敵しか存在しないリーグだ。

アウェイということもあるが、試合のオッズが、
ManU 1.80 R.Madrid 4.00
で、すでに分が悪いらしい。

先のInter戦は、イブラヒモビッチしかいなかったが、
ManUには、テベスと、ルーニーがいて、2人が2人とも、イブラヒモビッチ以上に、このシーズンで得点を稼いでいた。

さらに、突破屋のクリスチィアーノ・ロナウドがいる。
とんでもねぇ。
左サイドバックのエブラも脅威でした。
エブラは、まじで、うちに欲しい選手だ。
ああいいう左サイドバックが、個人的に理想だ。

が、ManUにも弱点はある。
インテルのように、セットプレイがやたら強いというわけでもない。
さらに、もう一つ、突きどころとなるポイント・・・。ゴニョゴニョ
なので、そこら辺も考慮して戦術を調整する
下馬評のオッズは気になるが、せめてドローは狙いたい。


んで、試合を開始したわけですが、アランゴが絶好調。
フリーキックと、ミドルで前半2得点。

さらに、セットプレイからぺぺのゴールもあって、3点ももぎとって快勝。

快勝したのは、このシーズンで始めてかも。

3-1

先のInter戦とあわせて2連勝。
久しぶりに気持ちよく眠れそうです。

posted by Akanana at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs Inter(justinさん)

最近、調子を上げているInterとの試合。
セビージャ戦の敗北もあり、2連敗はなんとしてでも避けたかった。

んで、入念にチェックしました。

インテルの武器は、およそ二つ。
一つはいうまでもなく、イブラヒモビッチ。
もう一つは、コーナーキック。
なにげに、インテルは、コーナーキックからの得点で、リーグ首位

うちもコーナーキックには自信ある。
実際、リーグ2位。
ただ、うちは、コーナーキックの攻撃には強いが、守備には脆かった。
ここに書くのもなんだが、じつは、ここのマドリーは、コーナーキックのディフェンス、実は弱点です。

なので、リーグで首位の精度を持つインテルのコーナーキックは、最大の脅威でした。
とくに、メクセス。
どうしたらいい?
どうしたらいいんだろう??

コーナーキックにならないようにディフェンスしたい。
サイド攻撃は、無視しよう。
なるべく高い位置でディフェンスしよう
さらに、万が一コーナーキックになった場合に備えて、下げる人数を1人多めに設定しておいた。


次に中盤の選手。ここは徹底的プレスをかけて、前線への供給を妨害したい。
とくに、スタンコビッチがポゼッションの主役になっているらしいデータもキャッチした。
クリスチャン・キヴも、負けず劣らずの脅威だが、スタンコビッチの方にプレス、マークを集中したい。

それと、サイドは今回は無視。

最後に、イブラヒモビッチ。
ぺぺを呼ぶ。
今日のぺぺの仕事は、イブラヒモビッチのレートを6以下に下げること。

以上のような方向性で、試合会場へ向かった。

最初の計算外は、スタンコビッチが先発メンバーにいないことでした。
スタンコビッチに裂く予定だったマンパワーを、クリスチャン・キヴに集中させた。
イブラヒモビッチの対策は、予定通りぺぺで。

試合開始。
試合ファイルを保存し忘れたので、記憶の中でしかないのだが、
左サイドを突破されて、危ういところをカシージャスがセーブ。
したのに、エリア内のボールとは関係のないところで、ディアッラがファールしたらしくPKになった。
んで、このPKでインテルが先制。
まだ、時間は一桁台だったと記憶している。

しばらくして、セルヒオラモスの突破からラウールのシュートで同点。
で、セルヒオラモスの上がりを禁止して、左サイドから行くように戦術を調整した。
が、確か前半、再びインテルのゴールで、1−2で折り返したと記憶している。

展開は、ほぼ互角だったが、イブラヒモビッチは、活躍の場を失っていた。
ハイライトで見ると、ぺぺ1人の奮闘によるものではなかったが、それ以外の場所では、かなりぺぺのディフェンスは効いていたはずだ。

そして、チームトーク。
これがあたった。
tt.jpg
PKファールの失態をしたディアッラ
その後、非常に動きの悪かったディアッラのハートをつかんだのが一番大きかった。
いつ交代させるかで、もっとも悩んでいた選手だったのだが、おかげて、違う方針で交代のカードが使えた。

んで、55分くらいにベンチから引っ張り出したベッカム。
フリーでうつだけの体制でボールを受けて、シュートを放ち同点。

最後、逆転ゴールは、だれが撃ったのか忘れた・・・
え〜〜と・・・
ん〜〜〜と・・・・
思い出せない・・・

とにかく、劇的な逆転弾でした。
しばらくしてから、時間稼ぎを指示。

最後の最後に、インテルのコーナーキックが、ハイライトで流れたときは、さすがに居心地わるかったが、
センターバックが弾いて、事なきを得た。

強敵インテルにホームで勝利
posted by Akanana at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Away Vs Sevilla(libero)

いつのまにか、エロシコと呼ばれるようになっている、sevilla戦。

非常に残念なことに、わたくしが、遅刻して、
レアルマドリードの指揮は、COMにゆだねることになってしまいました。

liberoさんとの試合は、個人的にも楽しみにしていたのだが、
家に帰り着いたのが22:30で、急いでPC立ち上げたら、すでに試合は終わっていて、カ−リングカップのアストンビラ戦が終わった直後でした。

とはいえ、前回のうちに、戦術、スタメン、ベンチメンバーの選考は済んでいたので、試合ボタンを押して試合を開始するだけという状態だったので、
この試合は、メンバー、戦術ともに、前回設定しておいた内容で試合をやったみたいです。

んで、試合は0−1で負けてました。
試合ファイルをロードして、試合を観戦。
なぜ負けたのか?
もしくは、なぜ勝てなかったのか?

前半は、かなりマドリーが押していたらしい。
なぜ入らないの?ってシュートシーンが多発していいた。
いつもの思考
この調子なら、いつか点が入るだろうと考えてもよい試合内容でした。
前半支配率も、62%38だって。
圧倒的。シュート数も1対14。
セビージャの1本は、可能性をまったく感じない枠外へのヘディングシュートでした。

が、後半開始直後、セビージャのマティアス・フェルナンデスのフリーキック
これが、決まる
セビージャの2本目のシュート。初めての枠内シュートで得点

59分にMutuが怪我して引っ込んだが、COMは、切り札のベッカムや、ラウールを投入
さらに追い討ちをかけるが、セビージャのディフェンスの集中力、見事でした。
入ってもおかしくないシュート連発。
結局、都合、21本シュートがすべて決まらず、
3本中、わずか1本のシュート、マティアス・フェルナンデスの放った、フリーキックが勝敗を決め、セビージャの勝利となりました。

こいつは悔しい・・・

posted by Akanana at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月21日

Home Vs Aston Villa(rynさん)

最近引き分け続きで、最近勝ってない。

勝たなくてはならん。
なぜなら、このチームは、無敵艦隊の象徴、レアルマドリードだからだ。

ラッキーなことに、AstonVillaの監督のrynさん本日お休み。

AstonVillaの戦術。3−5−2でした。
うちは、これまでどうり、4−3−1−2
サイドアタッカーいないけど、サイド攻撃多めで。

最近、やっと怪我人の数が落ち着きつつある。
いま、入院しているのは、ナカムラだけで、あとはみんな帰ってた
でも、試合にぜんぜん出てないので、フィット感無し。
1試合だすと、次の試合に出られる状態になるのに1週間はかかる。

でも、アランゴやら、ムトゥやら、ファールトやら、スネイデルやらが、試合で使えるというのはなんとも心強い。
やっと、最強軍団が始動できるよ。
ベッカムもベンチに控えているし、本調子まであと少しのラウール隊長もベンチからではあるが、AstonVillaの最終ラインを睨みつけている

先発フォワードはフンテラールとムトゥ

試合開始。
ムトゥはあいかわらずミドルが多いが、この試合にいたっては、なかなか精確だ。
高い確率で枠を捉えているので、風向き次第でもしかしたら入るかも。
とおもったら、時々、前線を横走りするフンテラールへもパスを出す。
やっと、なじんできたかムトゥ!

前半、マドリーのシュート、14本、枠内6本
アランゴ4本、フンテラール3本、ムトゥ4本
が、1本も決まらなかった・・・

なんか、嫌な展開だ。
前半、ワンサイドゲームで終わると、なぜか後半、ボールの支配ができなくなる。

とおもったら、後半も相変わらずマドリーペースでした。
ここら辺が、人間監督とCOM監督の違いなのかもしれない。

一応、マドリードの決定力は自信を持って良いと思っている。
このペースならいつか入る。
で、51分、
ピルロ→ディアッラ→フンテラールのシュート!
で、ついに先制した。

まだ、物足りない。もっと攻める
なぜなら、このチームは、無敵艦隊の象徴、レアルマドリードだからだ。

が、1点入ると、なぜか中盤の支配力が落ちる。
これも、きっと、このチームは、レアルマドリードなのだからかな・・・

んで、AstonVillaの攻め番がだいぶ増えた。
増えただけじゃなく、決定機と呼ぶべき危険なシーンが多発。

選手交代を画策する。
中盤の支配力を戻したい。
もちろんこの男、ベッカムの登場。
ああ・・・怪我人がいないってステキだ。
さら消耗したアランゴを下げてファールトを入れる。

アランゴを下げて、ファールト!
こんな凶悪なチームとは、おれは戦いたくない!

レアルマドリードが、自分のチームで本当に良かったと、
怪我人さえいなければ、いつもそう思う。

76分、ベッカムのコーナーキックから、メッツェルダーの追加点。

完璧でした。
久しぶりに勝った。

posted by Akanana at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月15日

Away Vs Liverpool(usbさん)

試合開始までに時間がたっぷりあったので、
Liverpoolの戦力など入念にチェックし、
先発メンバーと戦術を細かく練っておきました。

注意しときたいのは、サイドのkuytと、フォワードのTorres。
と、中央のGerrard。

Torresには、とくに注意したい。
ディフェンダー2人つけてもいいくらいだとおもってた

そしたら、Torresは、先発メンバーにいない。
なぜ?
LiverpoolはAdrianoが1トップで先発。

マドリードは、やっとこさケガから復帰したスネイデル先発。
とりあえず、フォワード以外は、試合開始前から考えていたプランで、マークとかプレスとかやっとく。
んで、序盤から攻勢をかけることができて、
いい感じで、ペース握れました。
試合開始前のオッズは、Liverpool有利だったので
時間かけて作戦を練ってきた甲斐あったか。

で、21分、コーナーキックからpepeのゴールで先制
この時点で、マドリードのシュートは9本
Liverpoolのシュートはまだ0本でした。

若干、守備ウェイトに調整した。
それでもまだ前半は、マドリーのペースでした。
45分で、シュート数は、3本対13本
まるでホームゲームだ。

後半は、追加点狙いに攻撃にウェイトをおく。
Liverpoolも攻撃的に来ているが、1点取られてもドローだし、

Mutuの動きが今日は、なかなか良い。
ラウールのスペースを狙った動きも抜群だ。
なぜ入らないんだ!っていう決定機が何度も来たが、
スコアは1−0のまま。

初先発のスネイデルと、ディアッラが疲労したので、2人をベンチに下げて、ファールトとベッカムをピッチへ。

Liverpool。
ベンチからTorresがでてきた。
マンマークにセンターバック2人つける。
が、いまいち、このマンマークが機能しとらん。

んで、とうとう、トーレスの崩しからkuteにつないで、マスチェラーノのシュート。
きまっちゃいました。
83分。なんともきつい時間帯だ。

仕方なく、さらに攻撃的に行く。
Liverpoorlも攻撃的なままでした。
両者激しいせめぎあい。

で、結局ドロー。

ああ、またしてもドロー。

posted by Akanana at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月07日

今週の特集

順位表と、平均走行距離ランキングをとってみました。

200906074.png

現在の首位は、バルセロナです。
暫定2位に無敗のチェルシー
3位で大健闘をしているのは、フィオレンティーナで、
悪いほうで暫定4位がマドリード。

200906072.png

平均走行距離ランキングを見ると、こちらは、
フィオレンティーナと、バルセロナが上位で、
チェルシーと、マドリーは、下の方にボランチ系の選手がちらほらと出てくる程度です。

平均走行距離ランキングは、相手の戦術やチームワークの度合いを計る上で結構、使えるデータです。

これと、試合数のそろった段階での、総合走行距離ランキングがあると、もっといろいろと見えてくるのですが、今は、最大で2試合も差があるのでなんともいえませんね。

↓ちなみに現時点
200906071.png


最後に、現在の選手のタイトルランキングで。
200906073.png


posted by Akanana at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs ポルト(YKさん)

序盤で、目だったのは、ピルロへのプレッシャーっすね。
執拗でした。

ケガされるのこまるで、なんかしなきゃと思っていたわけだが、
後ろでTVで流れている日本代表の試合も盛り上がっていて、
FMの試合に集中できんよ。

気がついたら、前半終了していて、
中盤のピルロとガゴが軽傷!!

まじっすか!!

それと、試合終わってから、試合再生で気がついた点でいうと、
ポルトのウチェらの運動量がすげぇ。
中盤や、後ろの選手も走らせることを前提に、パスを放っている。
というか、苦し紛れに出したクリアボールのようなロングパスを、ウチェや、ロドリゲスは拾う。

が、それでも、正直言って、ポルトの攻撃は脅威じゃなかった。
問題なのは、マドリの攻撃。
序盤はまぁまぁ良かったのだが、ケガでピルロがベンチにひっこんだあたりから、ぜんぜんボールが前線につながらない。
なんで?

とりあず、中盤を交代してみる。
故障明けのベッカムとか、アランゴをピッチへ。

ガビがいけないのかなぁ。
セカンドボールがまず拾えない。
選手の熱意で負けているのか

ときどき良い形つくるが、ゴール前でうまくない。

今思えば、もっと創造性を高めて、ワイドな展開にすればよかったと思うのだが、
このときに選択した戦術は、早い展開とダイレクトパスでした。
もう、どつぼですな。
後ろでやっている日本代表のパフォーマンスに文句も言えない間違った采配だったか。
崩せない中央を、むりくり崩そうとしたわけで、最終的には3トップにしたわけだが、到達するだけでも困難だったポルトの最終ラインの頑丈な壁をまったく崩すことができませんでした。

ポルトの攻撃のリズムが非常に良化し、
失点してもおかしくないシーンが多発。
62分にポルトのLopezがドフリーで放ったヘディングが枠の外にとんだのは、サッカーの神様がくれた最後の警告だったのにもかかわらず、
69分、ポルトのアリ・シッソコからのスバラしすぎるクロス。
まるでラジコン。


ものすごく悔しい敗北。
ホームで惨敗

0-1 Lose

マドリは、いいところがほとんど無かった

反省しなくては。
posted by Akanana at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Away Vs Bayern(マケレッテイーさん)

突風+雨+22℃
アウェイだし、
念のため、ショートパスぎみで試合する。

攻撃的な選手は、あいかわらず、軒並み故障中で、
ファールトがどうにかトップ下で先発できた。

対するBayernさんの監督。
おりしも、今日のこの時間は、ワールドカップアジア予選の、日本代表の試合があり、
欠席者多数の中で、バイエルンのボス、マケレッテーさんも欠席でした。

なので、久々にCOM監督との試合なのですが、
Bayernは、COMがおよそ使わないだろうと思われる左右非対称な配置だったので、
きっちり、戦術だけは指示しての欠席のようでした。

でも、試合会場が突風+雨+22℃とは予想もつくまい。
COMアシマネの対策が遅れる前半でカタをつけたいところでした。

とはいえ、ラウール隊長がようやく91%でベンチ待機しているが
こっちの攻撃のコマは不足中。
でも、フォワードはまぁ、比較的良い状態でそろっているので、
ファールトの創造性だのみな決定力っつーことだ。

試合開始すると。
バイエルンは、リベリーやらパンデフやらで、ドリブラーの多いチームですな。
この試合も、バイエルンはドリブルの時間が多かった。
雨の日は、パスよりもドリブルの方が良いとも思うわけで、
とくに、リベリーのドリブルの切れ味は抜群でした。
もはや対処不能と判断し、一応マンマークはつけるが、
リベリーへの出し先である、ゼ・ロベルトや、パンデフのプレスをきつくしておくことに変更したが、
バイエルンのサイドバックまでは、手がまわらず、結局リベリーにパスがわたる。

って、リベリーにばかり気をとられていたら、ハーフタイムのデータみると、
リベリーよりも、パンデフの方が、突破数が多かった。

なんとも、自由自在なチームだバイエルン。
小細工よりも、ガンチコ勝負か。
ということで、マドリーの最終ラインは、小細工抜きで、
いつも以上に汗流して消耗してらうしかあるまい。

後半。
バイエルンは、相変わらずドリブルメインな攻撃でした。
すごい。
マドリーのディフェンスは、世界屈指だと思うが、それでも、バイエルンのドリブルは止められない。
どうにかラストパスと、最後の一振りを封じて、失点を防いでいる
しまいには、がんばりすぎたエインセが倒れて立ち上がらない。ハタチのマルカーノと交代。

マドリーは、突風+雨でも、こまかいパスがよく通る
攻撃の形は、マドリとバイエルンでまったく違うが、攻撃の組み立てという点ではほぼ互角でした。

70分、Mutuの悪い癖が出て、可能性の感じないミドルを撃つことが多くなってきた。
とおもったら、72分、Mutuの三本目のミドルが、ゴール左隅に・・・

マドリ先制〜〜〜!
こりゃ勝ったな!

ちょっと、守備的に戦術を修正。
この毎日がCLなリーグでの1勝はとっても貴重です。
なので、アウェイ・バイエルン戦の勝利はうれしいぜ。
これで、さらに順位あがるか。
3位くらになっちゃうかな〜〜、ムヒヒ。

80分、85分と時間は、どんどん経過していく。
ディフェンスは、安定してバイエルンの攻撃を防いでいる
バイエルンの攻撃は、せいぜいエリアのそとからのミドルでした。
時間稼ぎマックスに変更

んが・・・86・・・
アルティントップの推定37メートル弾。
アルティントップは、たしかにフリーではあったが、
なぜ、カシージャスは、とめられなかったんだ!!!

そうか・・・、そもそもMutuのミドルもそうだった。

今日は、突風+雨


1-1 Draw
バイエルンのドリブル突破回数は、全体で40に届く勢いでした。
対するマドリーは、ドリブルの突破回数は5回
パス対ドリブルの対決でした。

posted by Akanana at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記