Powered By FMnote

2009年08月02日

Away Vs Manchester City(towaさん)

マンチェスターシティ戦

スケジュールが厳しくて、選手選考にはかなり悩んだ。
セルヒオラモスとピルロは、前もって1日の練習免除をしていたので、
ギリギリで先発。
あんまり無理させると、そのうち怪我するんだろうなぁ〜〜。

2トップ、フンテラールと、クラウチ。
どちらも、似たようなタイプの選手なので微妙な2トップだった。
クラウチは、新しく獲得したトルコ代表フォワードのニハトの加入をよく思わず、
フォワード多すぎると苦情を言って、不満持ちの選手になった。

んで、各地のクラブから譲ってくれってオファーたくさん来たが、
クラウチを出すつもりはまったく無し。
これほど、使いやすい電柱はいない。
今日も、ターゲットマンとして大活躍だった。
他の選手らも、やっぱクラウチは狙いやすいらしく、
フリーキックのリスタートやら、サイドからのクロスやらは、ほとんどクラウチ狙い
まだ若干、クラウチの落とす先に味方選手が間に合わないが、あと数試合もすれば良い感じになるかと、

マンチェスターシティ。
コーナーキックの守備が手薄だった。
リーグでトップクラスのコーナーキックの成功率を誇るマドリー相手に無謀だ。
とおもったわけだが、守備の人数が少ない分、
前線に張っているロビーニョと、フォルランがだれにもマークされておらず、ドフリー。
前節の観戦で、アーセナルが、ドフリーのロビーニョにまんまとやられているのを目の当たりにしていたので、この2人をフリーにしとくマドリーも無謀すぎる。

悩んだ末、無謀対決を選択。
コーナーキックが失敗して、ロビーニョらにボールが飛んでカウンターくらったときはあきらめることにした。

んだけど、俊輔のコーナーキックがいまいちすぎる。
ぜんぜんいいところにとんでいかねぇ。

とりあえず、前半、フンテラールが先制。
きわどいオッズの試合だったので、ありがたい先制点。

なんか、セルヒオラモスに、マンマーク?ついてない?
まさかねぇ、気のせいかなぁ?
怪我されるのもこまるので、若干控え気味に戦術変更したけど、それでも、オーバーラップしていく・・・
こまったヤツだ・・・。

で、そうこうしてるうちに試合終了。

最後の方はかなりあぶなかった。

1-0 Win
リーグ戦3連勝〜
posted by Akanana at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Away Vs Milan(キッドさん)

ミラン戦
試合前に、ほかの監督さんの試合が2試合あったので、
その間に、入念にチェックした。

ミランは、最近4−4−2を展開している。
カカとロナウジーニョがサイドで、フラミニなどが中央でハーフやっている。
中心になっているのはフラミニ。
以前、ミランと試合したときは、フラミニはたしかボランチで、
ここからの供給を止めるのに結構あくせくした記憶あるのだが、
ハーフポジションなので、ボランチのピルロでも対応しやすい場所なのだな。
しかも、カカが左サイド。

これは、組みやすい。と感じたわけだ。


んで、試合開始
キッドさんは、4−4−2だった。
予定どおり、プレスはフラミニに集中させ、カカや、パトらにマンマークをつけ、前線への供給を絶つ。
で、序盤は結構よかった。

ところが、ここで、事件発生。
liberoさんらの試合でなんかあったらしく、ロードしたいとのこと。
こっちも、動きらしい動きはまだなかったので、まぁいいかということで、試合の途中で切断し、
いったんロード。
んで、再びミランと最初から試合ということになった。
そしたら、切断する寸前に、クラウチが先制弾かましたらしい。

なにげにこれは陰謀渦巻く瞬間だった。
幻のゴールをたたき出したクラウチ。
当然、さっきよりも厳しく接してくるに違いない。

クラウチ出すのやめるか?
と、思ったけど、なんもしないで、そのまんまで編成オーダー提出。
すると、キッドさんのミランは一変。
まず、戦術からして、4−4−2ではなく、4−1−3−2
しかも、カカがセンターハーフで、フラミニがボランチ。

これはやりづれぇ!
さっきよりも、俄然厳しくなる。
マークの対象、プレスの方針も一変。
守備の最たる要注意人物は、フラミニからカカに変更になり、ボランチにいるフラミニは無視
ハーフのカカと、フォワードのボッリエッロ、パトにマンマークに変更

25分、ミランのカカが軽傷したらしい
前線のパトへパスを出したら倒れた。

27分、左サイドバックのマルセロのクロスで、ムトゥがあわせたところ、ミランのディフェンダーに邪魔されたが、
こぼれたボールがクラウチの足元にころがり、クラウチが先制。
幻のゴールじゃなくて、こんどはホンモノのゴール。

28分、ミランは精彩欠きつつあるカカを下げて、37分にも怪我を負ったパトも下げた。
マドリーが圧倒的に優勢。

ミランは、すでに2人交代、マドリーは交代無しで後半へ。

後半、ミランのフォーメーションが、4-4-1-1に変る。
かなり攻撃的だが、よく見ると、最終ラインと前線に隙間が・・・
唯一フリーになっていたミランの両サイド、ロナウジーニョとガッツゥーゾにもマンマークつけた。

66分、クラウチのアシストでファールトが追加点。

68分、本日、最前線でパス率100%と大活躍のムトゥをさげて、新加入のニハト投入

いろいろあるが、ニハトは、技術、頭脳、フィジカル、経験、
どれをとっても、後半からのスーパーサブフォワードに最適。


ロスタイム。
92分。
ミランがコーナーキックで1点返した。
キッドさんのこのコーナーキックは素晴らしい。
cn1.jpg


cn2.jpg


2-1 Win
posted by Akanana at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

Away Vs Fiorentina(REUSU)

いよいよ、ネットワーク対戦の初年度がひとまわりした。
REUSUさんとは2度目の対戦っつーことになる。
前回は途中出場のベッカムらに活躍で、劇的な逆転勝利だった。

なので、今回は、さぞや復讐に燃えてくるであろうと・・・

季節も1月になり、REUSUさんとこのフィオレンティーナも、何人か新加入しているらしい。
んで、この試合に、フォワードを含めた3人が初出場してきた。

レアル・マドリードは、いまのところ選手の補強は、フォワードのクラウチのみ。
そのクラウチも今日は、ベンチスタートなので、レアル・マドリード側は、半年間以上連れ添ってきた、ある程度の理解力が浸透したチームなので、この差はどう考えても明らかなわけだ。

で、
マドリードは、フィオレンティーナ側の新加入選手のマークを緩くすることにした。
とくの、フォワードで先発している、ドゥゼコと、右サイドのブラッシュコウスキーのマークゆるくしたわけだが、
これが間違いだった。
ブラッシュコウスキーの突破が基点となり、新加入のドゥゼコの先制弾。

こりゃあ、とんでもないもんプレゼントしちゃったかも・・・

しかも、そのまま敗北。
スタッツをみてもかなり互角。
フィオレンティーナはつえぇ。

0-1 Lose
posted by Akanana at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月20日

Home Vs クラシコ

バルセロナとの2戦目
ついに、ネットワーク対戦もシーズン後半に突入。

レアルマドリードは、大きな補強しました。
なんと!ななんと!

クラウチさん獲得!

なんでクラウチ!?
どうしてクラウチ??

本当は、足の速いフォワードが欲しかったのだが、いくら探してもいいのがいなかった。

そこで偶然目に飛び込んだ選手。
天性のターゲットマン、クラウチ

いくらだか忘れたけど20億くらいだったと思う。
んでクラウチ。
さっそくクラシコに先発。
なんのためらいもなく、ターゲットマンのところにクラウチを投げ込んどきました。

そしたらそのクラウチ、大暴れでした。
さすがのクラウチも銀河系の1員となったサンチアゴ・ベルナベウでのデビュー戦。
しかもクラシコでチームの前得点を、文字通り「たたき出してしまった」とあっては、
封印していたはずのクラウチダンスも、最高速度の最高時間で、満員御礼となった7万5000人のファンと新たなチームメイト達に披露したに違いない

最高だったよ。
今日はピーターの日だったよ。

お忍びで観戦に来ていた、実は生粋のマドリードサポを隠し切れないアーセナルの監督、「誠」さんも、大喜びでロンドンに帰っていったとさ
↓↓
Untitled.jpg

クラウチは、今日の大活躍で、銀河系の一員として完全に認められました。
さすがにラウール隊長は、しらんぷりだったが、
カシージャスや、セルヒオラモス、フンテラール、アランゴ、俊輔までも、
ピーター・クラウチを好みの人物にあげてしまった。

ということで、後半、危ないところも沢山あったけど、
ベルナベウでのクラシコで大勝利。

ちなみに、今シーズンは、2タテです。
posted by Akanana at 16:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs チェルシー

とても楽しみにしていたチェルシー戦です。
なんたってチェルシーはこのスーパーリーグで首位!
とてつもなく強い

が、近頃は連敗が続いていた。
とりあえず、連敗の原因を探るべく、チェルシーの過去2〜3試合と、調子の良かった頃を比べてみた。
比べるつっても試合ファイルを見ている時間もなかったので、
スタッツやら、選手の成績やらスタメンやら。

とにかく、連敗しているのであればそれに乗っからない手はない。
なにかあるはず・・・

うむ。
わからんけど、なんとなく、ランパードとエッシェン
それと両ウイングハーフ
ここらへんになにか匂いを感じる。

んで、試合。
チェルシーはスランプ気味でした。中盤の落ち着きが無い。
なんだろうか。パスを出す側のコントロールか。受け側のポジショニングか
おまけに、セカンドボールの奪い合いにも遅れをとっている。
ん?
ん〜〜。
いや、このセカンドボールが拾えないのが、チェルシーの問題だ。

マドリードは、前半30分で、左サイドバックの上がりストップさせました。
右サイドバックだけでよかった。必要ないと思った。


個人的に不思議に思っていた2点
・怪我人が少ないチェルシー
・疲労の少ないチェルシー
この謎が解けた気がする試合。

3-0 Win
posted by Akanana at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs Juventus(Ichiさん)

じつはあんまりよく覚えてないのです。

Ichiさんは、もっとも遅くこのネットワーク対戦に参加された監督さん
なので、補強をまったくしていないJuventusを率いて戦っています。
Juventusは、強いが。
レアル・マドリードだって、ムトゥとかアランゴとか俊輔とかベッカムを補強しているのに、
だれも補強していないということは、自分のカラーがまったくだせず、
デフォルトのユベントスで戦わなきゃならんつーことで、
その苦労は並大抵ではないと思うわけだが、
一切の容赦なく、ユベントスと試合したわけですが、
前半11分。
きっちり対策をしているはずのアマウーリのヘッドでユベントスが先制

あとは、おたがい「なんで入らないの?!」
の連発で、90分終了した。

ホームでユベントスに敗北。
posted by Akanana at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs Tottenham(暁さん)

暁さんおやすみのトッテナム戦
トッテナムは、暁さん不在の間は連敗続きらしく、ウチもそれに乗っかりたい。

とりあえず、パブリチェンコとモドリッチは徹底的にマーク
あとは、ボランチのいないフォーメーションの弱点をつくべく、
トップ下のファールトをゲームメーカー+フリーロールにして、
左右にサイドバックがあがってきたらそっちにちらして、
ラウルーにかきまわしてもらって、空中戦に強いフンテラールで得点

というイメージ。

麻雀をやるときも、配牌から2巡くらいでフィニッシュのイメージをする
それが、あかなな流の打ちかただったりする。

ま、麻雀もFMもそうそうイメージどうりにはいかん。
イメージどおりにいくのは20回に1回くらいだが、
とりあえず、最初の得点はほぼイメージどおりだったが、
ファールト→フンテラールとつないでの左サイドバックのマルセロのクロスは、
トッテナムのディフェンダーにあたってのコーナーキックだったが、
ここからコーナーキック3連荘で、ついにぺぺのゴール。

2点目は、しっかりと、左サイドバックのマルセロのクロスで、
中央のディアッラのシュートでした
いい形だった。

さらに後半。こんどは右サイドから崩して、フンテラールのシュート。

鬼の居ぬまに・・・・
いい感じに勝利させてもらいました。
イヒヒ。
posted by Akanana at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月28日

Away Vs Man U(HYDEさん)

強敵だ。
強敵しか存在しないリーグだ。

アウェイということもあるが、試合のオッズが、
ManU 1.80 R.Madrid 4.00
で、すでに分が悪いらしい。

先のInter戦は、イブラヒモビッチしかいなかったが、
ManUには、テベスと、ルーニーがいて、2人が2人とも、イブラヒモビッチ以上に、このシーズンで得点を稼いでいた。

さらに、突破屋のクリスチィアーノ・ロナウドがいる。
とんでもねぇ。
左サイドバックのエブラも脅威でした。
エブラは、まじで、うちに欲しい選手だ。
ああいいう左サイドバックが、個人的に理想だ。

が、ManUにも弱点はある。
インテルのように、セットプレイがやたら強いというわけでもない。
さらに、もう一つ、突きどころとなるポイント・・・。ゴニョゴニョ
なので、そこら辺も考慮して戦術を調整する
下馬評のオッズは気になるが、せめてドローは狙いたい。


んで、試合を開始したわけですが、アランゴが絶好調。
フリーキックと、ミドルで前半2得点。

さらに、セットプレイからぺぺのゴールもあって、3点ももぎとって快勝。

快勝したのは、このシーズンで始めてかも。

3-1

先のInter戦とあわせて2連勝。
久しぶりに気持ちよく眠れそうです。

posted by Akanana at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Home Vs Inter(justinさん)

最近、調子を上げているInterとの試合。
セビージャ戦の敗北もあり、2連敗はなんとしてでも避けたかった。

んで、入念にチェックしました。

インテルの武器は、およそ二つ。
一つはいうまでもなく、イブラヒモビッチ。
もう一つは、コーナーキック。
なにげに、インテルは、コーナーキックからの得点で、リーグ首位

うちもコーナーキックには自信ある。
実際、リーグ2位。
ただ、うちは、コーナーキックの攻撃には強いが、守備には脆かった。
ここに書くのもなんだが、じつは、ここのマドリーは、コーナーキックのディフェンス、実は弱点です。

なので、リーグで首位の精度を持つインテルのコーナーキックは、最大の脅威でした。
とくに、メクセス。
どうしたらいい?
どうしたらいいんだろう??

コーナーキックにならないようにディフェンスしたい。
サイド攻撃は、無視しよう。
なるべく高い位置でディフェンスしよう
さらに、万が一コーナーキックになった場合に備えて、下げる人数を1人多めに設定しておいた。


次に中盤の選手。ここは徹底的プレスをかけて、前線への供給を妨害したい。
とくに、スタンコビッチがポゼッションの主役になっているらしいデータもキャッチした。
クリスチャン・キヴも、負けず劣らずの脅威だが、スタンコビッチの方にプレス、マークを集中したい。

それと、サイドは今回は無視。

最後に、イブラヒモビッチ。
ぺぺを呼ぶ。
今日のぺぺの仕事は、イブラヒモビッチのレートを6以下に下げること。

以上のような方向性で、試合会場へ向かった。

最初の計算外は、スタンコビッチが先発メンバーにいないことでした。
スタンコビッチに裂く予定だったマンパワーを、クリスチャン・キヴに集中させた。
イブラヒモビッチの対策は、予定通りぺぺで。

試合開始。
試合ファイルを保存し忘れたので、記憶の中でしかないのだが、
左サイドを突破されて、危ういところをカシージャスがセーブ。
したのに、エリア内のボールとは関係のないところで、ディアッラがファールしたらしくPKになった。
んで、このPKでインテルが先制。
まだ、時間は一桁台だったと記憶している。

しばらくして、セルヒオラモスの突破からラウールのシュートで同点。
で、セルヒオラモスの上がりを禁止して、左サイドから行くように戦術を調整した。
が、確か前半、再びインテルのゴールで、1−2で折り返したと記憶している。

展開は、ほぼ互角だったが、イブラヒモビッチは、活躍の場を失っていた。
ハイライトで見ると、ぺぺ1人の奮闘によるものではなかったが、それ以外の場所では、かなりぺぺのディフェンスは効いていたはずだ。

そして、チームトーク。
これがあたった。
tt.jpg
PKファールの失態をしたディアッラ
その後、非常に動きの悪かったディアッラのハートをつかんだのが一番大きかった。
いつ交代させるかで、もっとも悩んでいた選手だったのだが、おかげて、違う方針で交代のカードが使えた。

んで、55分くらいにベンチから引っ張り出したベッカム。
フリーでうつだけの体制でボールを受けて、シュートを放ち同点。

最後、逆転ゴールは、だれが撃ったのか忘れた・・・
え〜〜と・・・
ん〜〜〜と・・・・
思い出せない・・・

とにかく、劇的な逆転弾でした。
しばらくしてから、時間稼ぎを指示。

最後の最後に、インテルのコーナーキックが、ハイライトで流れたときは、さすがに居心地わるかったが、
センターバックが弾いて、事なきを得た。

強敵インテルにホームで勝利
posted by Akanana at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Away Vs Sevilla(libero)

いつのまにか、エロシコと呼ばれるようになっている、sevilla戦。

非常に残念なことに、わたくしが、遅刻して、
レアルマドリードの指揮は、COMにゆだねることになってしまいました。

liberoさんとの試合は、個人的にも楽しみにしていたのだが、
家に帰り着いたのが22:30で、急いでPC立ち上げたら、すでに試合は終わっていて、カ−リングカップのアストンビラ戦が終わった直後でした。

とはいえ、前回のうちに、戦術、スタメン、ベンチメンバーの選考は済んでいたので、試合ボタンを押して試合を開始するだけという状態だったので、
この試合は、メンバー、戦術ともに、前回設定しておいた内容で試合をやったみたいです。

んで、試合は0−1で負けてました。
試合ファイルをロードして、試合を観戦。
なぜ負けたのか?
もしくは、なぜ勝てなかったのか?

前半は、かなりマドリーが押していたらしい。
なぜ入らないの?ってシュートシーンが多発していいた。
いつもの思考
この調子なら、いつか点が入るだろうと考えてもよい試合内容でした。
前半支配率も、62%38だって。
圧倒的。シュート数も1対14。
セビージャの1本は、可能性をまったく感じない枠外へのヘディングシュートでした。

が、後半開始直後、セビージャのマティアス・フェルナンデスのフリーキック
これが、決まる
セビージャの2本目のシュート。初めての枠内シュートで得点

59分にMutuが怪我して引っ込んだが、COMは、切り札のベッカムや、ラウールを投入
さらに追い討ちをかけるが、セビージャのディフェンスの集中力、見事でした。
入ってもおかしくないシュート連発。
結局、都合、21本シュートがすべて決まらず、
3本中、わずか1本のシュート、マティアス・フェルナンデスの放った、フリーキックが勝敗を決め、セビージャの勝利となりました。

こいつは悔しい・・・

posted by Akanana at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記